天然素材!桃の木とユーカリの葉っぱで染める、草木染め教室-その1

TOPスポンサー広告天然素材!桃の木とユーカリの葉っぱで染める、草木染め教室-その1


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:スポンサー広告
TOP未分類天然素材!桃の木とユーカリの葉っぱで染める、草木染め教室-その1


天然素材!桃の木とユーカリの葉っぱで染める、草木染め教室-その1
スタッフのたまえです。
春がやってきたと思いきや、今週の火曜日は
まさかの大雪で穴山温泉の辺りは30センチも積りました。
しかも、春の雪なので、
水分を含んでおり、雪かきも大変ですが
裏山の竹林の竹も、雪の重さに大きく頭をさげておりました。

雪が降る前の日曜日3月7日に
穴山温泉近くにある、穴山町ふれあいホールで素敵な
教室がありました。

まさに天然素材です。
庭に植えられている植物、草木、
山梨ですと、桃やブドウ農家も多いですが、
身の回りにある自然の恵みをふんだんに活用した
草木染め教室が開かれました。

講師は、山梨県出身の飯島先生です。
草木染め、藍染、織物などについて
専門的に勉強されている、とても優しい先生です。
飯島先生は、
東京の大学のオープンカレッジなどで講座をもっており、
人気の為、キャンセル待ちもでるくらいだそうです。

今回は、
山梨ならではの桃の木です。
穴山温泉近くにも、桃農家が沢山あります。
また新府ちかくの桃畑は、雪の残る甲斐駒と桃の花がとても
美しい場所で、毎年4月に絵を描く方や
写真を撮りにくる方も大勢います。

この時期、まだつぼみをつけた桃の木は
枝を剪定されます。
その枝を使います。

DVC00229.jpg

↑ 桃の木とユーカリの葉っぱをそれぞれの鍋に入れて煮だします!!


DVC00233.jpg

↑桃の枝は、煮だす前は赤みが強いんです。

そして、ユーカリの葉っぱですが、
ユーカリと言えば、コアラ!
オーストラリアをイメージしますが、
なんと、この山梨でも元気に育つそうです。
飯島先生のお庭に植えられているユーカリの葉っぱで
染める事になりました。

DVC00232.jpg

↑ユーカリの葉っぱも細かくカットします!


下準備のスタートです!
桃の木は細かくハサミできります。
桃の枝は、表面が赤い感じでした。
ユーカリの葉っぱも、枝に付いているので、
細かく枝をカットします。
なんだか、すーっとした匂いです。

ハサミで細かくした
桃の木とユーカリの葉っぱを
それぞれの鍋にいれ、沢山のお水(染めるものの10倍の重さだそうです)を
入れて、水からぐつぐつ煮だします。

そうすると、桃の木からいい塩梅にエキスが抽出されて、
赤みがかった桃の木の表皮が
だんだん、緑いろになってきました。

DVC00238.jpg

DVC00240.jpg

↑日本手ぬぐいを利用して、漉して枝と染料を分けます。

教室では、
みなさんに絞りの模様や、
色付けを楽しんでもらうために、
事前の下準備は、
飯島先生とスタッフのたまえが
穴山温泉の調理場をちょこっと拝借して
頑張りました!!

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:未分類
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。