お正月の準備といえば・・・餅つきです

TOPスポンサー広告お正月の準備といえば・・・餅つきです


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:スポンサー広告
TOP季節の話題お正月の準備といえば・・・餅つきです


お正月の準備といえば・・・餅つきです
女将のまるこです。
今年も残すところ、数日となりました。
穴山温泉の年末の恒例行事といえば、
餅つきでございます。
毎年12月28日に行っております。

全国でも有名な、山梨の美味しいお米といえば
北杜市の武川米(農林48号)でございます。

私どもの旅館では地元でとれた
武川米を使っておりまして、
お客様から、
ご飯が美味しいと、
よくお誉めのことばをいただきます。

お米も、もち米も
コダワリの米作り名人である
直さんが手間暇かけて作ってくれたものを
使っております。

前日から
もち米を用意しておき、
28日は朝早くから
餅つきを始めました。

もちろん、
臼と杵で餅つきです。

餅つきは
餅をつく人と、手返しをする人の
リズムが大事です。
息がピッタリあっていないと
リズムよくぺったん、ぺったんと
つくことができません。

餅つき名人の元(げん)さんと
まるこの手返しにより、
美味しいお餅ができました。

屋敷神さまや神棚、
火の神様、水の神様、
床の間などに飾る、鏡餅。

お雑煮に入れるのし餅。

そして、お昼は
作ったお餅を
きな粉やゴマなどをつけて
美味しくいただきました。

我が家の恒例である、
年末行事がまたひとつ終わり、
いよいよ30日の正月飾りと
31日の大祓いを残すのみとなりました。

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:季節の話題
テーマ:温泉宿 - ジャンル:旅行
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。