地元の話題

TOP地元の話題

このカテゴリーの記事



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:スポンサー広告

山梨県韮崎市穴山町にある歴史的な古民家を素敵にリフォームしたあなやま接骨院オープン


山梨県韮崎市穴山町にある歴史的な古民家を素敵にリフォームしたあなやま接骨院オープン

韮崎市穴山町にある歴史的な古民家、
長坂邸があります。

こちらに住まわれていた
長坂九重郎先生は、
学校の先生で
地元の歴史や郷土研究に
熱心で、
私たちにも
いろいろと地元のお話を
してくださいました。

そして、
この古民家が素敵にリフォームされました
お孫さん夫婦が
接骨院を10月5日にオープンしました。

本日、
若ご夫婦が
「あなやま接骨院」のチラシと
奥様手作りの
アンパンと栗がはいったお菓子を
頂戴いたしました。

甘すぎず、しっとりとした栗のスイーツと
パンがうすくて餡がぎっしり詰まったアンパンは
プロのようでした。

首や肩、腰の痛みはもちろん
骨折や捻挫、突き指などの
治療ができるそうです。

治療はもちろんですが、
とても歴史ある古民家です。

穴山温泉からも徒歩で行けます

一度お立ち寄り下さい

■あなやま接骨院
〒407-0263 韮崎市穴山町5142
(旧 長坂九重郎邸)
TEL 0551-25-5673

首、肩、腰の体の痛み
骨折、脱臼、捻挫、突き指
(骨折、脱臼は医師の同意が必要)
*各種保険取り扱い、労災、交通事故、往診可

受付時間
月~金 午後3時から7時30分
土   午後2時から5時
休診  日曜、祝祭日

院長 長坂 敬(ながさかたかし)

あなやま接骨院は首腰肩の痛みや捻挫やしびれの治療ができる

韮崎市穴山町の歴史的古民家であなやま接骨院オープン



大きな地図で見る






スポンサーサイト

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:地元の話題
テーマ:山梨県 - ジャンル:地域情報

山梨県韮崎市穴山町で日本ミツバチの飼い方育て方を学ぶセミナー 蜂蜜搾り実践とお土産付き
山梨県韮崎市穴山町で日本ミツバチの飼い方育て方を学ぶセミナー 蜂蜜搾り実践とお土産付き

日本ミツバチをご存知ですか?

日本ミツバチの蜂蜜を食べたことがありますか?

天然、ピュアな美味しい蜂蜜。

自然の美味しさを満喫したい方、

ミツバチの飼育、飼い方、育て方

巣箱の作り方、蜂蜜について

日本ミツバチのことについて

初心者向けのセミナーが開催されます。

場所は、山梨県韮崎市穴山町ふれあいホールです。

(旧、穴山小学校跡地)

今回は、蜂蜜絞りの実演とミツバチの飼い方です。

昼食と蜂蜜のおみやげ付きです。

穴山温泉でも、

日本ミツバチを飼育しておりますが、

毎年、貴重だけど

黄金に輝く蜜はなんとも言えません。

是非、ご参加ください。



■日本ミツバチ初心者講習会■

日時:2011年10月22日(土)
   午前9時30分~午後2時30分

場所:韮崎市穴山町4487-1
   穴山町ふれあいホール(旧、穴山小学校)

締切:10月18日まで(先着30名)

費用:3,500円
   はちみつ300gと昼食付き
   (山菜ほうとう又は豚汁、おにぎり)

講師:原 勇公(八ヶ岳南麓日本ミツバチの会)

申込:韮崎市 農林課農林振興担当
   0551-22-1111(内線223)
   または穴山町ふれあいホール運営協議会
   担当:小泉(090-5305-2879)

*穴山町ふれあいホールは
google地図などには登録されていません。
穴山保育園近くです。
場所がわかりづらいので、ご注意ください。



大きな地図で見る

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:地元の話題
テーマ:山梨県 - ジャンル:地域情報

芸術の秋 山梨県出身の能楽師、佐久間二郎さん能楽体験と蒔菓子で呈茶

芸術の秋 山梨県出身の能楽師、佐久間二郎さん能楽体験と蒔菓子で呈茶


すっかり朝夕寒くなりましたね。

スタッフのたまえです。

秋といえば、食欲の秋に、
読書の秋、そして芸術の秋です。

芸術の秋にふさわしい
イベントをご紹介します。

山梨県出身の観世流能楽師
佐久間二郎さんをご存知でしょうか。

東京を拠点として活躍されておりますが、
山梨では、武田神社での薪能や
甲府と山梨市で謡曲のお稽古場を開いております。
また、学校などで能楽体験講座もとても
人気のようですね。

佐久間先生をお迎えして
能楽に関する講話と
基本所作を
直接指導していただける講座があります。

主催は、表千家山梨県青年部で、
普段は会員向けのイベントや研修ですが、
今回はとても貴重な体験ができるということで、
一般の方も参加することができます。

茶道の会が主催ですので、
抹茶をいただくことができます。
抹茶というと、
お菓子が気になるところですが、
今回は、蒔菓子の老舗、京都の
長久堂さんのお菓子をお取り寄せします。

*蒔菓子(まきがし)とは
能楽や歌舞伎の曲目にちなんだ和菓子のことです。
これらは、舞踊や唄の発表会などにお土産用や
おもたせとして、使われています。

芸術の秋、
老舗のお菓子と抹茶を楽しみながら
能楽体験をしてみませんか?

■日時
2011年10月23日(日) 13:15受付開始

■場所
ぴゅあ総合
〒400-0862 甲府市朝気1-2-2
電話 055-235-4171
FAX 055-235-1077

■スケジュール
13:15~13:35 呈茶
13:45~16:20 講話と体験

■講師
観世流能楽師 佐久間二郎さん
HP:「花のみちしるべ」

■参加費
一般 2,000円
学生 1,000円

■主催
表千家山梨県青年部
(後援:山梨日日新聞社 山梨放送)

■問合せ
澤登
090-6195-6096

■締め切り
10月10日
定員になり次第、締め切り

■京都 長久堂

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:地元の話題
テーマ:山梨県 - ジャンル:地域情報

終戦記念日 護国神社でボランティア清掃しているオジサンは意外と凄い人
終戦記念日 護国神社でボランティア清掃しているオジサンは意外と凄い人

スタッフのたまえです。
お盆ということで、各地域で盆踊り大会や花火大会が
開催されていますね。

そして、今日8月15日は
「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」
終戦の日(玉音放送の日)です。
一般には終戦記念日や終戦の日と称し、
政府主催の全国戦没者追悼式や、
政治団体、NPO等による平和集会が開かれます。

夏休みの子どもの頃の思い出。
地区の交流バレーボール大会がこの日に開催されました。
正午になると黙祷のサイレンがなり、
その時間は、みんなで静かにお祈りしたことが
心に残っています。

今、山梨で
平和や防衛に関して熱い想いで
活動されている方と言えば、
この人です。
↓ ↓ ↓
写真の右側の手拭いを首に巻いているオジサンです。
護国神社の清掃ボランティア NPO法人代表藤原進

あっ!
突然ですが、上の写真の
2人のオジサンは何つながりでしょう???
答えは、下の動画で確認できます\(^o^)

一見すると、ただの気のよさそうなオジサン(右側)。
にしか見えませんが・・・。
確かに、面白くってユーモアのある方ですが、
意外と凄い人なんです。

山梨県の行政書士会のリーダーで
昭和町の行政書士事務所、労働保険事務組合と
株式会社ビジネスサポートグループの代表
であり、
NPO法人「防衛と安全に関する懇話会」の創設者であり、
資格取得やビジネススキルアップ、習い事教室
PYOCスクール
を開講している
藤原進さんという方です。


この日も
護国神社の清掃ボランティアとして
朝早くから、清掃活動をされていました。
↓  ↓  ↓


2月11日にも清掃ボランティアは行われます。
たまえも雪降る早朝に、
清掃活動に参加した事がありますが、
普通、会社の代表と言うと
話しかけづらかったり、固いイメージがありますが、
藤原さん、全くそんなことはありません。
にこやかで、ツッコミどころ満載なボケや
時々、オヤジギャグありで、とても親しみやすい方です。

隣にいる、
相談事や悩みを聞いてくれそう、
ついつい話したくなっちゃう、そんな人柄です。
こういう人に
問題解決はお願いしたいなと思ったことがありました。

藤原さんのおちゃめな一面は
自分の好きな事の話をしている時に
子どものようにキラキラとして
熱く語るところです。
コチラでわかります。
↓  ↓  ↓


■藤原さんの独り言はコチラでチェックできます
藤原進のよもやま話

黙祷のサイレン、静けさに滴る汗、終戦記念日に思う事でした

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:地元の話題
テーマ:山梨県 - ジャンル:地域情報

韮崎市穴山町には世界一を創り出した人がいます。フルレンジ・・・
韮崎市穴山町には世界一を創り出した人がいます

女将のまるこです。

韮崎市穴山町は山梨県の北東に位置し、

北杜市にとても近い、田舎です。

小さな場所ですが、

ここには凄い人が沢山います。

「世界一」と評価されることは

そうそうありません。

それを2年連続で成し遂げた人がいます。

韮崎市穴山町の

秋山さんの製作したフルレンジスピーカーは、

アメリカ最大のオーディオショーと家電ショーで

2年連続「世界一」のスピーカーと評価されました。

私は、スピーカーや音楽には疎くて、

韓流ドラマ音楽しか聞きませんが、

なんでも

内部だけでなく外装にも相当のコダワリがあり、

振動板(コーン)に、人間国宝のすく和紙「越前生漉奉書紙」を使ったり、

外観の箱に丹波漆を用いたりしているそうです。

ということで、

難しい事はわかりませんが、

同じ町に「世界一」と評される方がいることは

本当にうれしいことであります。

そんな素晴らしいスピーカーで、

冬ソナ音楽を聴いたらどんなに素敵なんでしょうと

そんなことくらいしか想像できませんが、

フルレンジスピーカーは、どんな音楽を聴くと

一番その良さが実感できるのでしょうねぇ。。。



詳細は、秋山さんのブログでご確認ください。
↓  ↓
Feastrexスピーカー、キノコと健康・ひとり言

参考とした記事は、時事ドットコムです
↓  ↓
時事通信

この記事をツイッターで Twitter「つぶやく」ボタン
カテゴリ:地元の話題
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。